学内塾運営 – 株式会社ARCS
  1. HOME
  2. 事業案内
  3. 学内塾運営

事業案内

学内塾運営

概要と特徴

学内塾システム「プログレ」は、高校の中に独立した塾を設置するシステムです。

一般的に、大学入試を目指す生徒は高校とは別に外部の塾に通います。この状況は現状の大学入試がかなり専門的なテクニックの集合体であり、学校の全人教育と両立することが時間的にも難しいため、半ば常態となっていますが、その弊害もいくつか存在します。

その中でも大きい問題となるのが、学校と塾の「連携断絶」です。学校と塾に平行して通う生徒は二つの異なった指示を同時に受けることになります。学校側も塾側も、生徒が自組織に通っているときと状況しかわからず、双方「学校でなにをやっているのか」「塾でなにをやっているのか」を知りません。結果として生徒に与える情報や指示は個々に独立したものとなり、ぶつかり合うことになります。「学校の先生にはこういわれたけど塾の講師にああいわれた」と、相反する指示に混乱し、十分に学力を伸ばしきれない生徒は数多く存在します。

このような状況を改善し、生徒にとって真に効果的な教育を提供するために最も理想的なのは、学校と塾の二者が相互に連絡を取って一人の生徒を見ることができる環境でしょう。しかし、現状さまざまな私立学校で導入されている学内塾システムでは、本来最も必要とされるべきこの「情報共有・指示共有」はなされておらず、ただ学校の敷地内に既存の塾が存在するにとどまっています。

弊社の「プログレ」システムは一般的な「進学塾」の機能をすべて持ちながら、さらに学校の先生方との多方面にわたる情報交換を重視しています。同時に、弊社が持つ受験指導のノウハウを先生方にもご提供することで、学校に「ノウハウが残る」システムです。

集団授業形式

20名程度の生徒を1クラスとして、難関大学合格を目指した集団授業を実施します。

高校1年生

授業回数 原則週2回 / 1日3コマ / 1コマ60分
開講科目 英語・数学・国語
クラス 最難関国公立・早慶コース / 難関国公立・難関私立コース

高校2年生

授業回数 原則週2回 / 1日3コマ / 1コマ60分
開講科目 英語・数学・国語(9月よりオプション理社開講)
クラス 最難関国公立・早慶コース / 難関国公立・難関私立コース

高校3年生

授業回数 単科選択式 / 1コマ90分
開講科目 英・数(ⅠAⅡB・Ⅲ)・国(現・古漢)・物・化・生・日・世
クラス 最難関国公立・早慶コース / 難関国公立・難関私立コース

■ 高1、高2はクラス制。担任講師による受験指導(全体・個別)あり。
■ 高3は個人担任制。
■ 塾による保護者面談、連絡、保護者会実施。

個別授業形式

講師1対生徒1の個別指導授業を実施します。弊社の研修を受けたアルバイト講師が授業を担当します。

授業回数 原則週1コマ~2コマ / 50分(講習なし)
開講科目 原則英・数・国(理社科目は応談)

■ 授業申込時に回数、受講教科を相談して決定します。
■ 授業とは別にプロ講師による個別面談を行い、志望校決定をサポートします。
■ 保護者の要望により、適宜面談、報告を行います。
■ このコースはプロ講師による個別の学習指導・受験指導(個別コンサルティング)が受講必須となります。
■ 授業をとらず、上述個別コンサルティングのみを受講することも可能です。

「プログレ」オプションコース

ご要望により、集団授業形式、個別授業形式ともに季節講習(春・夏・冬)のみを独立して実施することができます。

春期講習 全8日間(日程は応談) / 通常授業1ヶ月分の授業内容
夏期講習 前期8日間、後期8日間(日程は応談) / 同上
冬期講習 全8日間(日程は応談) / 同上